人気ブログランキング |
ブログトップ

クラシカル ホットケーキ



クラシカル ホットケーキ_d0034447_11274397.jpg

以前は必ず誰かのために作っていたお菓子なども
最近は自分へのご褒美に作ることも多くなっています。

今朝は、今日からボリュームのあるお仕事に突入することもあり
その前の心整える時間?としてホットケーキを焼きました。

自分レシピで、様々な食感のホットケーキを焼いていますが
こちらはクラシカルなタイプのレシピです。

ミックス粉のようなパサつきもなく(最近のミックス粉は優良なのでパサつきとか大きな気泡とかないのかもしれないけど・・)
我が家には大体ある材料で、ふんわりしているけど程よく弾力もあり、しっとりきめ細やかなホットケーキが焼き上がるので出番の多いレシピです。
とはいってもホットケーキは焼き加減で食感が決まります。 スキレットホットプレート、と道具によっても味は左右されます。
好みの焼き加減を探求するにはやはり、作る作る作る・・だなと、つくづく思います。

レシピはこちらです





クラシカル ホットケーキ_d0034447_11290096.jpg
ハチミツとバターだけで十分なのですが
お仕事で残ったクリームがあったので添えてみました。

クリームの上に乗っているのは

タリア産の独特の風味豊かな野生のチェリーで果汁たっぷりのシロップは、程よい甘味と

高貴な香りが絶妙なハーモニーを表現しています。(cottaさん記事抜粋)


特にチェリーを使用する必要があったわけではないのですが・・
なんとなく可愛らしい缶や、添えられている説明文章に惹かれて注文しました。

食感は、よくあるダークチェリーのシロップ漬けに比べてしっかりしています。
どちらかというと、ドレンチェリーに似た食感。

子供の頃、従兄がお土産で買ってきてくれた外国のチェリーキャンディーの香りに近い、確かに高貴な香りです。

余談ですが、私がこだわって使っている高千穂発酵バターも、その従兄のお土産の外国の缶バターの味や風味に似ていて
お気に入りになりました。 

そんなわけで、このチェリー缶も早速気に入って
ブロンディーに入れたり、焼き菓子に加えたりと活躍しています。
近々、チェリータルトも焼く予定です。

バレンタインにもチェリーチョコ作ろうかな。(と色々思うぐらい量もあります・・だって1000g)


あ!ブロンディー 私の周り(食べてくださった皆さん)に大好評です!

よかったら作って見てください。

今日もお越し下さったみなさま、本当にありがとうございました。





by sarajya | 2019-01-31 12:04