ブログトップ

cottaさんレシピ 「 春のあんみつ 」

d0034447_12444496.jpg

先日、24節気 は「雨水」になりましたね。

春が来ると感じれば、気持ちは春へ春へと向かい

季節の移り変わりに敏感になります。

庭の桜の蕾が膨らんでいる

鳥のさえずりが増えてきた

梅の花が咲いていた

空が時折かわいい色合いになる

など最近、春になるお知らせを日々感じています。


季節の変わり目はどの季節も

新しい何かが始まるような気がして嬉しい気持ちになるなー。

楽しい春がやってきますように

d0034447_12434472.jpg

cottaさんレシピのお知らせです。

今回は桜スイーツ 

「 春のあんみつ 」です。

和菓子洋菓子と色々浮かびましたが

春待ちのこの季節、まだまだ乾燥が続きます。

少しひんやり喉越しのよい桜スイーツで喉を潤すレシピにしてみました!

d0034447_12321369.jpg
白玉の中に桜あんを包み込み

食べてびっくり、口の中で春が広がる仕組みです。

喉越しも良く、シロップも餡で濁ることもないようにと考えました。

また、ほのかに抹茶が香る白玉や

桜の花とモナンの桜シロップで作った桜寒天の組み合わせで

春のアソートをお楽しみください。

春待ちのこの季節も、春のお祝いのお席にも

季春本番の行楽にも、オススメなのでよかったら作ってみてください。

レシピはこちらです。




今回使用している cottaさんのオリジナルワイングラス とても気に入っています!

重ねて収納できるのも嬉しいし、形状的にスイーツやお料理にも色々使えそうです(本来はワイングラスです)

次の教室や女子会ではこちらを使用して、春色のビシソワーズをお出ししようかなとか色々妄想は止まりません(笑

使用している素材や道具などは、レシピ内でもご紹介させていただいておりますのでぜひみてくださいね!


d0034447_12185737.jpg
今日もお越し下さったみなさま本当にありがとうございました。

もしかしたら書いたことがあるかなー・・。
小学六年生だったか、中一だったか。国語の授業だったと思うけど谷川俊太郎さんの「朝のリレー」という詩が自分に大きな影響を与えてくれました。この詩を初めて読んだ時、世界観が広がり、心が解き放たれるように感じました。そして見知らぬ人とのつながりも感じました。
この詩が大好きになりました。今もやはり、読めば広がりを感じて解き放たれる清々しい気持ちや静かで穏やかな気持ちになります。
窮屈な気持ちになる事がありましたが、この詩を久々に読んでリスタートを感じました。小さな世界で生きてしまって、八方塞がりになる事があったら、朗読してみよーっと。









小さい春、みーつけた!



[PR]
by sarajya | 2018-02-22 14:48